動画 アメーバビジョン YouTube Dailymotion

今はやりの動画をいっぱい収集するぜ! アメーバビジョン YouTube Dailymotion

NHK紅白歌合戦に出場する韓国の歌手たち

アイドルグループのKARA(カラ)、少女時代、東方神起が31日に放送される 日本のNHK紅白歌合戦に出場し、関心を集めている。

出場者リストに入った韓国人歌手としては、80年代にチョ・ヨンピル、桂銀淑(ケイ・ウンスク)、パティ・キムらがいたが、BoA(ボア)、Ryu(リュウ)、イ・ジョンヒョン、 東方神起が韓流ブームをリードしながら2000年代の出場者リストに入った。

2011年12月31日に放送予定の紅白歌合戦には、KARAと少女時代が初出場、東方神起が2年ぶり3回目の参加を果たしている。

KARAは後半最初の歌手として、続いて少女時代と東方神起は後半部の5番目と10番目に出場するという。



  1. 2011/12/30(金) 15:15:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

AKB48前田敦子、2011年を振り返る!トップアイドルになっても「まだまだやれることがあるはず!」

押しも押されもせぬ国民的アイドルグループに成長したAKB48でセンターを務める前田敦子が、彼女たちの活動に密着したドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』の撮影に臨み、2011年の歩みを振り返った。

 「CDが売れない時代」といわれる中、2011年だけで5作のミリオンヒットを生み出し、3年連続4回目となる「NHK紅白歌合戦」の出場を決めるなど、AKB48は名実共にトップアイドルになった。しかし、そんな一年を振り返った前田は「とても充実していましたけど、一言で言えば『まだまだ!』ってところです。まだやれること、そしてやらなきゃいけないことが残っているのはわかっていますから」とあくまで冷静だ。

 前田がそう思うようになった大きなきっかけは、3月11日に発生した東日本大震災。華やかなステージに立つ人気アイドルに“自分たちの存在意義”を見つめ直させる出来事となった。「『わたしたちに何ができるんだろう?』って毎日悩んでいました。<「誰かのために」プロジェクト>という活動をスタートしましたが、結局、わたしたちにできるのは“歌うこと”なんですよね。自分たちの夢のためだけじゃなく、誰かのために歌うこと。そのストレートな答えを見つけ出せた気がします」と力強く語る。

 大きな出来事を経験して感じた「誰かのために」という思いを持ちつつ、人気アイドルとして前に進み続けた2011年。22ndシングル選抜総選挙では1位に返り咲き、「ものすごく強いこだわりを持っているわけではないけれど、総選挙で1位になれたことはやっぱりうれしかったですよ」と本音もちらり。

 しかし、その一方で「でも、順位とか数字以上のものを確認できたことが、2011年の大きな収穫だったと思っているんです」と話す。震災を受けて考えたことはもちろんだが、今年7月に開催された「よっしゃぁ〜行くぞぉ〜!in西武ドーム」公演も大きな転機となったそうで、「今までAKBが行ってきたライブの中でも特に大きな公演で、本当にいろんなことが起こりました。わたしは体力的にダウンしてなかなか立ち上がれなくなってしまったんです。自分でも『どうなっちゃったのかな……』ってはっきりしないぐらいの状態になっちゃったときに、各メンバーがそれぞれのやり方で支えてくれました。そこにはCDの売り上げ枚数とか選挙の順位とか、そういう数字では計れない気持ちがあったんですよ。会場に集まったファンの皆さんからもものすごく強い気持ちを感じて……。西武ドームはいろいろと反省すべき点の多い公演でしたけど、だからこそ学んだことも多かったんです」と自身も成長を実感した様子だ。その壮絶な西武ドーム公演の舞台裏の映像も、本作の大きな見どころとなっている。

 アイドルとしてトップに上り詰め、「数字ではなく、気持ちの大切さを学んだ一年」と話す前田。「いろんなことがあった一年だからこそ、各メンバーがそれぞれに強い思いを抱いたし、その結果、一人一人ができることを見つけていきました。そういう意味で、発足6年目にして新たに挑戦することも多かったんです。わたしたちが挑み続ける姿を見た人が、勇気を持って前に進めるようなドキュメンタリー映画になるはずです」と作品について話す言葉からは、彼女自身の2011年が充実した一年だったことがうかがえた。


  1. 2011/12/29(木) 11:10:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

眞鍋かをり ツイッターの「ド変態」が20万人越え喜ぶ

タレントの眞鍋かをり(31)のツイッターのフォロワーが23日に20万人を突破した。自身のツイートに下ネタが多いからか、フォロワーのことを「変態」呼ばわりし、「祝 ド変態(フォロワー)20万突破!」と報告している。

 また、そのことをマネージャーにも報告すると「やった!すごーい!じゃあこのままめざせ100万人!!!」と言われたそうで、これに対し眞鍋は「おっぱい出したらすぐいけるぉ」と答えるとマネージャーからは「やめてください」と言われてしまったとのこと。フォロワー達からは「私もど変態の一味です」「一緒に変態道に精進していきましょう!」といったツイートを返されている。



  1. 2011/12/25(日) 21:10:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

「ダークナイト・ライジング」フッテージ映像に苦情

来夏公開予定のクリストファー・ノーラン監督作「ダークナイト・ライジング」が、大きな問題に直面しているとハリウッド・レポーター紙が報じた。

アメリカでは、同作の冒頭7分間を「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」のIMAX上映館で放映中だ。フッテージそのものは好意的な反応を得ているものの、同作の配給を手がけるワーナー・ブラザースには悪役ベインのセリフが聞き取れないとの苦情が殺到している。

トム・ハーディ演じるベインは鼻と口をマスクで覆っており、そのままの状態で話しているため、聞き取りにくくなっている。Twitter上では、「アクションシーンは素晴らしいのに、悪者のセリフが何ひとつ理解できないことで台なしになっている」などの批判が噴出している。

ワーナー側は音声に関するトラブルを把握しているものの、ヒットメーカーのノーラン監督に改善を要求できない状態だという。



  1. 2011/12/22(木) 18:50:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

池田夏希

グラビアをはじめ、映画『逃走中 殺人ハンター』や舞台『プレイス 特別版 〜海の家借りちゃいました〜』にも出演した池田夏希さんが、DVD『Luxury』(グラッソ)の発売記念イベントを開いた。

r67568urtu657455555



  1. 2011/12/18(日) 18:28:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

女子アナNO.1のカトパンが選ぶ、男性として魅力のある芸人は「頭の良い人」

先日発表されたオリコン第8回『好きな女性アナウンサーランキング』で、初の1位に輝いたのが入社4年目の加藤綾子アナ(フジテレビ)である。今年フリーに転向した高島彩アナに代わって、“フジテレビを代表する女子アナ”に成長したようだ。

加藤綾子アナ(愛称:カトパン)は男性の芸人からも人気が高い。ある番組でも石橋貴明(とんねるず)が、「カトパンは日本一きれいな女子アナ」と大絶賛であった。

12月13日放送の『キカナイト』(フジテレビ系)では、加藤綾子アナの“男性として好きな芸人”ベスト3を発表した。同番組に出演している男性芸人も、彼女がどんな人選をするのか興味津々である。

なんと第1位に選んだのは、劇団ひとりだったのだ。その理由はまず「面白い」、そして「何を聞いても、パッと答えてくれる頭の良さ」を挙げ、デートしても退屈にならないだろう―と想像しているようだ。第2位には名倉潤(ネプチューン)を選んだ。家族を大事にする名倉から「子どもが生まれると、より一層奥さんが愛しくなった。」と聞いて、素敵な男性だと感じたらしい。そして第3位は女性芸人からも人気のある、ケンドーコバヤシであった。どうやら加藤綾子アナは、男性に刺激を求めるタイプではなさそうである。

『好きな女性アナウンサーランキング』によると加藤綾子アナは男女問わず人気があり、年代別でもまんべんなく支持を得ている。彼女の明るい性格やスタイルの良さも魅力だが、安定感のあるニュース読みに好感を持っている視聴者も多い。本来のアナウンサーに求められている技量が備わった上で、バラエティ番組での上手い仕切りや気の利いたアドリブも忘れない。しばらくは“カトパン時代”が続きそうな予感である。


  1. 2011/12/15(木) 20:53:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

群雄割拠 元ファミリー美女タレントたちの“新帝王”勢力図

「西川きよしの言葉ではありませんが“小さなことからコツコツと”やっていると周囲から信頼されて、人が集まってくるものなんですね」(テレビ局プロデューサー)

 フジテレビが大みそかの12月31日に『大晦日はマルマルモリモリ! 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦祭りだ祭りだスペシャル』(午後6時〜11時45分)を放送する。
 「NHKの『紅白歌合戦』とほぼ重なるので、視聴率は度外視。注目は、司会を今田耕司と東野幸治が務めることです。これまで島田紳助の陰に隠れて、あまり目立ちませんでしたが、いわゆるポスト紳助、元紳助ファミリーの避難先として、注目の存在になっていくと思います」(芸能記者)

 紳助の後を継いで、『開運! なんでも鑑定団』(テレビ東京)の司会も務めている今田耕司は、諸先輩たちからの信頼も厚い。
 「紳助ファミリーの一員といわれたヨンアの存在をいち早く言い出したのは、実は今田なんです。“自分の結婚相手”と言っていたほど彼女に入れ込んでいました。残念ながら、すでに彼女は人妻ですが、今田が誘えば喜んで出演すると思います。過去に紳助からイヤな思いをさせられた藤原紀香や白石美帆も今田ならOKのようです」(テレビ局関係者)

 続いて、『行列ができる法律相談所』(日本テレビ)で、いつも、紳助の気持ちをなごませていた東野はどうか。
 「まず、同番組で共演していた磯野貴理子の避難先となるのは、確実です。2人の番組内でのボケとツッ込みは、まるで“夫婦漫才”のように息が合っていました」(バラエティー番組スタッフ)

 この他、木下優樹菜、ほしのあきの人妻組、里田まい、スザンヌの人妻寸前組も東野のもとへ集まりそう。
 「小林麻耶や、12月に東貴博と入籍予定の安めぐみは明石家さんまでしょう。とりわけ、紳助の“便利なオンナ”麻耶とは、彼女が学生時代に出演した『恋のから騒ぎ』(日本テレビ)以来の腐れ縁。見捨てることはできません」(テレビ局関係者)

 もう一人、注目を集めそうなのが『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳。
 「『ロンドンブーツ』(テレビ朝日)の司会ぶりを見ればわかる通り、この男も仕切り上手。しかも、男でも女でも“タレントいじり”がウマいから、皆、淳の番組に出たがるんです」(芸能関係者)

 淳は、これまで中越典子や安室奈美恵らと浮名を流した、お笑い界一のモテモテ男。
 「そのうえ、数字(視聴率)を持っているので、女性タレントからの人気も高い。紳助が狙ってダメだった上戸彩や南明奈、再ブレイクしそうな熊田曜子あたりが駆け込みそうです。淳としては、男女関係を抜きにしても、熊田をなんとか再浮上させたいと考えているようです」(芸能関係者)

 果たして、美女たちはどこに避難するのか? 注意深く見守っていこう。

  1. 2011/12/14(水) 21:15:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

韓国「ヌードニュース」が1カ月で放送禁止に、責任者が次々と失踪

韓国で「女性アナウンサーのヌード映像」が大論争となっている。「ヌードニュース」という番組が放映を開始したものの、わずか1カ月後に論争を巻き起こし、結局は放送禁止となった。ニュース制作会社の責任者たちは失踪し、すでに海外へ逃亡したという疑いもある。中国メディアの国際在線が9日付で報じた。

 記事によると、韓国の女性アナウンサーが「はだか」で司会を務める「ヌードニュース」はソウルで放送開始セレモニーを行ない、アナウンサーを務める9名の韓国美女たちが披露され、それぞれの履歴と露出度、サービス内容などが公表された。ニュースは成人版と青少年版の2部に分けて放送されていた。

 しかし、放送から1カ月後には「青少年の健康を害する」という疑いをかけられ、青少年版が放送禁止となった。その後、「ヌードニュース」は各方面からの圧力を受け、放送開始後わずが1カ月で全面放送休止となった。

 記事によると、放送休止後に「ヌードニュース」の責任者は次々と失踪(しっそう)し、女性アナウンサーたちが本社を訪ねた時には事務所は「もぬけの殻」となり、誰もいない状態だったという。責任者はすでに海外へ逃亡したという情報もある。

 責任者が失踪した現在、ヌードを披露した女性アナウンサーたちはまったく収入を得られないまま、罪をなすりつけられた状態にある。記事は「彼女たちは騙されたことを後悔し、ただ泣くばかりであった」と伝えた


  1. 2011/12/10(土) 20:34:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

戸田恵梨香&加瀬亮『SPEC』に死んだはずの一十一が出てる!? ポスター解禁で神木隆之介の出演が明らかに!

戸田恵梨香と加瀬亮がW主演を務める映画『SPEC〜天〜』のポスター画像が解禁され、テレビドラマで命を落としたはずの一十一(にのまえ じゅういち)を演じていた神木隆之介が、映画にも出演していることがわかった。遺体安置所で、ニノマエの死体を前に、悲鳴を上げた竜雷太演じる野々村光太郎の姿を描きながら、野々村が何を見たのかが明かされぬまま幕を閉じていたテレビドラマ版。しかし、城田優演じる地居聖は、確かに“ニノマエ”の死を確認していたはずなのだが……? 物語の展開が気になる映画のキャスト発表となった。

 テレビドラマに引き続き、W主演の戸田恵梨香と加瀬亮、福田沙紀、椎名桔平、竜雷太のほか、すでに発表されていた新キャストは、戸田演じる当麻紗綾(とうま さや)、加瀬演じる瀬文焚流(せぶみ たける)と共に事件解決に挑む謎の帰国子女・青池里子役に栗山千明、お金が大好きな謎の中国人女性・マダム陽(ヤン)役に浅野ゆう子、“伊藤淳史”役に伊藤淳史と強力で個性豊かなラインナップ。死んだはずの“ニノマエ”を演じていた神木は、再び“ニノマエ”を演じるのか、はたまた瓜二つの別人物を演じるのか、詳細は明らかにされていない。

 『SPEC〜天〜』では、当麻、瀬文が所属する「警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係」、通称“未詳(ミショウ)”が、海原に漂うクルーザーから発見された大量のミイラ死体の謎に挑んでいく。今回解禁されたポスターには、神木の名前のほかに、大きく打ち出された「真実を疑え」の文字、そして「最強の敵。仲間の死。そして全ての謎に終止符が打たれる」の文字も。「野々村(竜雷太)は何を見たのか」「最後に地居(城田優)を倒したのは誰だったのか」「津田(椎名桔平)のラストシーンの意味は何か」……映画版には、神木がどう映画に絡んでくるのかに加え、テレビドラマの中で提示された謎の数々が解き明かされることを期待したい。(編集部・島村幸恵)

映画『SPEC〜天〜』は2012年4月7日全国公開



  1. 2011/12/06(火) 19:27:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
次のページ