動画 アメーバビジョン YouTube Dailymotion

今はやりの動画をいっぱい収集するぜ! アメーバビジョン YouTube Dailymotion

カラオケボックス3割超が違反=非常用照明不備など―国交省

国土交通省は30日、カラオケボックスなどを対象とした建築基準法の適合状況に関する調査結果を発表した。カラオケボックスについては調査完了の5619店のうち、32.0%に当たる1796店で防火・避難関係の法令違反が見つかった。非常用照明装置の不備などが多く、違反のあった店舗の45.9%が既に是正している。

  1. 2011/11/30(水) 21:43:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「家政婦のミタ」の視聴率がキムタクをあっさり抜き去ったわけ

エンターテインメントに関するニュースを見ていて目に付いたのですが、松嶋菜々子が、冷徹な家政婦を演じて話題のドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)の第7話(11月23日放送)の平均視聴率が関東地区で23.5%を記録し、この秋のドラマの最高を更新したということです。このドラマは、松嶋演じる笑わない家政婦、三田灯(みた・あかり)が、母親を亡くした4人の子どもと父親が家庭崩壊の危機に直面している阿須田家に派遣され、さまざまな問題に直面するというストーリーです。

 いつも無表情で喜怒哀楽を一切表現せず、機械のような無機質な雰囲気を漂わせている謎めいた家政婦。業務命令であれば、犯罪行為まで「承知しました」の一言で「何でも」やってしまう徹底ぶりで、家族からの「殺して」といった過激な要求までもとことん任務遂行していくこのドラマが、今お茶の間で大きな話題になっています。

 母親の自殺、父親の浮気、いじめなどの現代社会の家庭崩壊というシリアスなテーマを扱いながらも、コミカルなタッチのミステリー仕立てでもある不思議な雰囲気で、先の展開がまったく読めないので、つい「来週もまた見たい」という気持ちになってしまいます。

 一方、この秋のドラマで別の意味でマスコミで話題になっているのが、木村拓哉主演のTBS系ドラマ「南極大陸」です。10月16日の初回放送で22.2%の最高視聴率をマークして大いに注目されながら、第2話は19.0%、第3話16.9%、第4話15.8%と落ち続け、第5話は13.2%と急落。ネット上では「キムタク神話遂に崩壊」といった書き込みも見られましたが、第6話は19.1%まで再浮上しています。

 このドラマのストーリーは、「昭和30年代、敗戦からの復興を進める日本は、南極観測への参加を表明するが、他の参加国からは敗戦国であることを理由に罵倒される。『日本が外国に頼らず、自分の足で立って生きていく姿を世界に示すんだ』と、主人公の倉持たちが参加実現に向け尽力するなか、国や企業は資金援助に後ろ向きで難航を極めた。しかし、将来の夢と希望にあふれる子どもたちが、お小遣いを握りしめて募金をスタート。この活動は全国各地へと広まり、いつしか南極観測は『国際社会復帰の一大プロジェクト』になる」というものです。

「南極大陸」の制作費は20億ともいわれており、広告宣伝も異例の規模で展開されていました。キャストには香川照之、柴田恭平、綾瀬はるか、堺雅人といった豪華な布陣を配し、人気絶頂の芦田愛菜ちゃんも出演するなど、TBSとしては万全の態勢で臨んだだけにこの視聴率の急低下は予想外だったようです。



  1. 2011/11/28(月) 23:39:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

秋葉原無差別殺傷事件をモチーフにした衝撃作『RIVER』、東京フィルメックスで日本初上映

27日、現在開催中の第12回東京フィルメックスで、秋葉原殺傷事件を題材にした映画『RIVER』ワールドプレミア上映舞台あいさつが行われ、主演の蓮佛美沙子、主題歌を歌うmeg、廣木隆一監督が登壇、作品に対する思いなどを語った。

 本作は、2008年6月に起きた秋葉原無差別殺傷事件を題材にした話題作で、今回の第12回東京フィルメックスでいよいよ初上映となった。登場した廣木監督は、「はじめての上映ということで、すごく緊張してます」と若干こわばった表情であいさつし、「フィルメックスに呼んでもらって、すごくうれしく思ってます。ありがとうございます」と真面目な面持ちでお礼を述べた。

 主演の蓮佛は、「実際にあった事件をもとに作られたのは、わたしの中でも大きかった」という。撮影は、3月11日に起こった東日本大震災後に行われたそうで、「観に来てくださる方々の顔を、その方たちにはどういう気持ちになってもらえるんだろう、と考えながら撮りました」。特に廣木監督と組んで、「(カメラの)長回しが多い」経験を初めてしたらしい。「15分ずっと撮影しっぱなしとか、それを何回かやっていくうちに、よけいなものがそぎ落とされていくんです。わたしがフラットな状態でいるかどうか、監督にすぐ見抜かれる。監督は、学校の怖い先生みたいでしたね」と笑いを誘うも、「常にいい緊張感を持ってやらせてもらいました」と振り返った。

 そして、実際の事件をもとにした動機について、廣木監督は「僕の中では、事件そのものじゃなく、その周辺のことをやりたいとずっと気になっていた」と明かす。本作で「今の気持ちを素直に表現できたと思っています」と静かに自身の心情を語った。

 映画『RIVER』は、2008年6月に起こった秋葉原無差別殺傷事件で、恋人を失った主人公・ひかり(蓮佛)が、恋人との思い出の地・秋葉原を訪れ、そこからもう一度前を向いて歩きはじめるまでをみずみずしく描く。タイトルの「川」は、「海に流れて行き、いろんな国にもつながっている」という意味で付けられ、秋葉原を流れる神田川を指す。映画『ヴァイブレータ』『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一監督が、今の日本を写し取った渾身の作品。(取材・文:尾針菜穂子)

映画『RIVER』は2012年3月10日よりユーロスペースほか全国順次公開



  1. 2011/11/27(日) 20:46:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

"AV界最強のイイオンナ"原紗央莉の魅力に迫る

小向美奈子小松千春など著名人の登場で、どんどんプレミア感を増している「芸能人系AV」。しかし、ほんの数年前までは芸能人と言えど、出演者のほとんどは「知る人ぞ知る」クラスがほとんどで、一部のAVファンからは注目を浴びても、一般的には存在され知られず引退していった女優も多かった。

 しかし、2009年にAVデビューを果たした原紗央莉だけは別格だった。学生時代にテレビドラマやCMに出演しながらも、ほぼ無名のままで芸能活動を休止。成人式を迎えるころにはフリーター状態になっていたという崖っぷち芸能人だったにもかかわらず、AVデビューを果たすや否や一気にブレイク。人気雑誌のグラビアを飾り、渋谷のセンター街には巨大広告が貼り出され、AVに関心のない若い世代にまでその存在を知らしめたのだ。さらに同年10月にはテレビドラマにレギュラー出演するまでに。その妖しい美貌が注目され、一気に知名度をあげた。

547458uirtur6t74584584855



  1. 2011/11/26(土) 18:37:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

美玲

美玲さんの生活。super!

ty8568569iotyiutyi



  1. 2011/11/25(金) 00:04:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

不衛生なキムチ製造業者177カ所を摘発、食中毒菌も検出=韓国

韓国の食品医薬品安全庁は23日、粉唐辛子・塩辛類やキムチ類の製造加工業者など1768カ所を点検した結果、食品衛生法に違反した177カ所を摘発し、管轄官庁に行政処分を要請したことを明らかにした。

 韓国メディアは、「唐辛子の粉などキムチの漬け込み関連企業177カ所を行政処分」「信じていたのに、食中毒菌うようよ」などと題して、相次いで報じた。

 今回の点検は10月末から今月11日まで、地方自治体と合同で行われた。主な摘発については、健康診断の未実施が33カ所で最も多く、生産作業記録や原料入庫出荷を記録していなかったのが31カ所、衛生的取り扱い基準違反が29カ所だった。これらの業者は、該当製品の廃棄や過怠金、営業停止などの処分を受けた。

 一方、ソウル市は、大型スーパーなどで販売されているキムチ、塩辛、粉唐辛子など170種類余りの安全性を検査し、製造加工業者106カ所を点検した。その結果、14カ所が賞味期限を過ぎた製品を使うなど、安全性に問題があったと明らかにした。

 流通大手のホームプラスでは、自社ブランド商品の2種類のキムチから食中毒菌が発見されたため、同製品の流通と販売を禁止し、回収措置を行った。問題となった製品では、慶北浦項市の業者が先月11日に生産した白菜キムチから、基準値の6倍の量の食中毒菌が検出されたという。ホームプラスの食品から有害成分が出てきたのは、今年に入ってすでに6回目となる。

 ホームプラスは、最近、韓国標準協会とソウル大経営研究所が共同で実施した「2011 韓国サービス品質指数」の評価で、大手量販店部門で5年連続となる1位を獲得したばかりだった。消費者らは、「サービス品質第1位のスーパーでこのような有害物質がどうして何度も出るのか」として、怒りを爆発させていると伝えられている


  1. 2011/11/23(水) 21:19:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

草なぎ剛も見とれる朝丘雪路が“いいとも”で伝説の数々を公開。

女優の朝丘雪路は76歳となるが、今もバラエティ番組などで活躍している。彼女にまつわるエピソードは多く、“ボイン”という言葉は彼女から生まれたのは有名な話である。テレビ番組『笑っていいとも!』ではそんな数々の“朝丘雪路伝説”を公開した。

朝丘雪路が人気番組『11PM』のアシスタントになったのは1960年代のことだ。同番組でMCだった大橋巨泉が、彼女の胸の大きさを“ボインだな!”と表現したことから巨乳をそう呼ぶようになったのだ。

11月18日に放送された『笑っていいとも!』に、朝丘雪路がゲスト出演してそのことが紹介された。その後、コーナー進行を務めていた草なぎ剛が朝丘雪路を呼び入れると「今日もやっぱりボインなんですね!」と、しみじみと彼女の胸を見つめていたのである。ゆったりとした衣装を着ていながらもなお、朝丘雪路のボインはインパクトがあるのだ。

そのコーナー企画『クイズ!私、草なぎ剛が調べました』ではこの日、朝丘雪路にまつわる伝説を紹介したのだが、意外な内容に共演者も驚くばかりだった。なにしろ『日本のテレビが試験放送だった時期にアメリカのテレビに出演した』と言うのだが、話が古すぎて草なぎもピンとこなかったのだ。「テレビの試験放送がよく分からない」と彼は首をかしげていたのである。

『人力車で小学校に通った』というエピソードなどは時代感覚すら麻痺してしまいそうだ。他にもいくつか信じられないエピソードが紹介されたが、朝丘雪路は全て本当のことだと認めていた。

だが、朝丘雪路の凄さは過去の伝説だけでは無かったのだ。現在の彼女も天然な言動によって周囲を驚かせたのである。次のコーナー『カウントダウンスージー!』にも参加した朝丘雪路は、アンケートに答えるフリップを出す時に何度やっても表裏、上下を間違って堂々と出したのである。

司会のタモリも、あまりに度を越した天然ボケに苦笑しながら進行していたほどだ。彼女のゲスト席の横には俳優の中村俊介が座っていたが、彼は最初から最後まで朝丘雪路のフリップを探してきちんと出せるようにフォローしていた。そんな中村に彼女は極めて和やかにそれをまかせていたのだ。その大物振りに周囲は驚き、そして笑って見守るだけだった。

しかも、彼女はようやくアンケートの回答フリップを出したかと思うと、平然とその内容を訂正しだした。例えばファーストキスの年齢についてはフリップに『21歳』と書きながら、「本当は小学生の頃に映画に行った時かも」と違う答えを口にするのだ。「本当はどっちなの?」とタモリも進行に困っていたほどだった。

結局、朝丘雪路は小学生の時、一緒に映画に行った男子から『頬にキスされただけ』と話した。唇のファーストキスはやはり21歳の時で、映画のラブシーンだったとまで明かしたのだが、時間が足りずに相手までは追及できなかった。実は、これについては彼女が以前同番組に出演した時に、相手は故長門裕之さんだと明かしている。

このように、この日の“いいとも”で一番目立っていた朝丘雪路だが、そのチャーミングな容姿と性格はとても76歳とは思えないものだ。それどころか、ますます元気になっているようなのだが、一体その秘密はどこにあるのか知りたいものである。

  1. 2011/11/21(月) 00:41:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

益若つばさ 離婚報道に「毎回お騒がせしてすみません」

モデルの益若つばさ(26)が21日、東京・有明の東京ビッグサイトで開催中の「東京ネイルエキスポ2011」内で行われた「ネイルクウィーン2011」の授賞式に、ピンクレディー、タレントのはなる愛(39)、俳優の山本裕典(23)、歌手の西野カナ(22)らと出席した。

 今年で16回目を迎える同賞は、ネイルを愛する著名人に贈られるもの。益若は09年に続き、2度目の受賞となる。

 「不思議の国のアリス」を表現したといういでたちで登場した益若は「前回(の授賞式)は派手だったので、今回はもうちょっとシックにいこうと思ったんですけど…はるなさんが来るって聞いて、絶対派手だと思ったので、結局私も派手になっちゃいました」と受賞の喜びを語った。

 先月、一部報道で、夫で俳優の梅田直樹(28)と年内にも離婚するとの報道があった益若。報道陣から離婚が大詰めでは?などと離婚に関する質問が相次いだが、「大丈夫です。毎回お騒がせしてすみません。(別居についても)全然そういうのじゃないので…。すいません」と答えた。

 梅田はネイルはしていないそうだが、「最近は爪のケアを流行っているので、誘ったりしていますよ。アーティストデビューもさせていただいたり、今年の1年はずっと幸せです」と笑顔で夫婦円満をアピールしていた。



  1. 2011/11/20(日) 19:16:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

SKE48桑原みずき、新メンバーに愛のムチ「スパルタでいきました(笑)」

名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループのSKE48。7枚目のシングル曲『オキドキ』の発売を記念して、13日、握手会&ミニライブを千葉・幕張メッセで開催した。

同曲を歌う選抜16名のうち、3名が初選出(15歳の原望奈美、23歳の小野晴香、16歳の金子栞)。原望奈美は「タップダンスの経験はゼロ。ついていくのにとても苦労しました」とコメント。それを聞いて、タップ経験者の桑原みずき。「反抗心をチョイチョイ見せていましたが、スパルタでいきました(笑)」とサポート役にも回り、メンバー同士、支えあう姿勢を紹介した。

初選出の他の二人。小野晴香は、感謝の気持ちで溢れていると話す。「選んで頂いたことに感謝の思いが、心の中にたくさんあります。パフォーマンスやこういう会見で気持ちを表していきたいです。“求められる以上のこと”を残すため、気合い十分に頑張っていきます」と望みを口にした。その場面、小野がスンナリと自己紹介を終えると、他のメンバーから「カッコイイ」と小さな声が上がっていた。

金子栞は、選抜入りを果たした直後の心境を話した。「最初は、どうしようという思うばっかり。選抜入りした嬉しさより、不安が大きかったです。それでも今後、メンバーのみんな、ファンのみなさんにも、キンちゃんが入って良かったって思ってもらえるように頑張ります」と、小野と比較すると、ホンワカとした口調で語っていた。



  1. 2011/11/16(水) 20:15:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
次のページ