動画 アメーバビジョン YouTube Dailymotion

今はやりの動画をいっぱい収集するぜ! アメーバビジョン YouTube Dailymotion

渡部夕貴、好きなタイプは年上 スレンダーボディーが魅力

1センチ四方の紙で鶴が折れるという手先が器用なグラビアアイドル、渡部夕貴(22)の目標は「優香さんのようなタレント」。身長156センチ、B78・W58・H81のスレンダーボディーが魅力。好きな男性のタイプは「年上で、うまくリードしてくれる人がいい」というから、オジサンたちも要チェックだ。

tyu5685686uiytuityi



  1. 2011/01/30(日) 21:16:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

日テレ過剰演出ヤラセ疑惑で裁判沙汰!! 『魔女たちの22時』打ち切りの真相

視聴率争いで首位を走るフジテレビを追い掛ける日本テレビが、4月に大改編に着手する。羽鳥慎一アナの退社により終了する『ズームイン!!SUPER』をはじめ、『DON!』『THE サンデーNEXT』といった情報番組、バラエティーでは『ミリオンダイス』『新型学問はまる!ツボ学』『魔女たちの22時』が打ち切りとなり、地デジ完全移行となる7月に大改編を予定するフジに先手を打って新番組で巻き返しを図るつもりだ。

 視聴率低迷などの理由で終了する番組がほとんどだが、人気番組『魔女たちの22時』は、平均視聴率が約13%と高く、時には15%を超えることもある(※視聴率はビデオリサーチ調べ/関東地区)。視聴者が分散傾向にある昨今、この視聴率で打ち切りになるのは考えにくく、様々な憶測を呼んでいたが、どうやら裁判沙汰が原因だったようだ。

「驚きのギャップを持つ女性(通称・魔女)が登場する番組として人気を博していましたが、ギャップを強調するために紹介VTRが過剰演出になり、『事実と違いすぎる』『周りに誤解されてしまう』などと出演者からクレームが出て、損害賠償を求められる裁判にまで発展している。それも1件や2件ではなく、数10件もの裁判を抱えています。最近は企業倫理の面でテレビ局が批判されることが多いですから、いくら視聴率が良くても、いつ大問題に発展するか分からない状態で番組を続けていくのはリスクが大きすぎると判断したのでしょう」(テレビ局関係者)

 くしくも27日には、バラエティー番組『イチハチ』(TBS系)のセレブの実態を紹介する企画で、実業家でタレントでもある夏波夕日の米・ニューヨークの自宅として公開された部屋が、別人のものであったと発覚するヤラセ疑惑が浮上した。TBSは、『中居正広の金曜日のスマたちへ』で筆談ホステスこと斉藤里恵さんを特集した際、彼女の自宅として安住紳一郎アナが訪問した部屋が、実は別人のものだったという"前科"もある。

 最近はバラエティー・報道番組問わず、各局でヤラセや意図的な編集による捏造報道などが発覚し、テレビの報道機関としての信用が失墜しているが、バラエティーの場合は「ヤラセも演出のうち」という考え方もある。だが、『魔女たちの22時』のように一般人を扱う番組となると、そういったテレビ局の中の論理は通用しない。過剰な演出によって周囲の信用を失ったり、仕事に支障が出るといった"実害"があるだけに、裁判沙汰も仕方がないと言える。

 今回は裁判の頻発を受けて、やり過ぎ演出の番組に局側が自らストップをかけたようだが、裁判を抱えた番組をトカゲの尻尾切りのように打ち切りにするだけでは、また同じ問題を起こすことになるだろう。もっと根本的な面から番組作りを考え直さなければ、視聴者の信頼を完全に失ってしまうのではないだろうか。



  1. 2011/01/29(土) 20:19:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

次原かな

次原かな

wew46342626ewywey



  1. 2011/01/27(木) 22:06:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

神戸写真

神戸写真 ふぉとにゃー http://kobefhotonya.iinaa.net/

  1. 2011/01/26(水) 22:08:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

旅行写真ローマ

旅行写真ローマ http://roma.genin.jp/

  1. 2011/01/23(日) 01:58:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

神田うの、ウサ耳つき花嫁姿で子作りに意欲 「かかってきなさい!」.

タレントの神田うの(35)が18日、都内で行われた映画『ハイブリッド刑事』プレミアイベントに出席した。今年の干支にちなみ、純白のウサギ風ウエディングドレス姿で登場した神田は、これまで仕事への影響を考え、夫との子作りに後ろ向きだったようだが「年が明けたら前向きになった」と意欲的なコメント。「今年は3回目の年女になるので、今年は(子作りを)前向きに考えていきたいね、と昨夜ウチのダーリンと話した。コウノトリ様が来たら来たらで、どうだかかってきなさい!という感じ」と、改めて子作りに積極的な姿勢を示した。

 自身がプロデュースしているブランド、シェーナ・ドゥーノのウエディングドレスを着用し、“ウサ耳”をのせたスタイルで取材に応じた神田は、今年の抱負を聞かれると「健康で楽しく生きていければ。今やっている仕事を疎かにせず、丁寧にこなしていく」と真剣な表情。同ブランドが10週年ということから、「10周年にふさわしいドレスを作っていきます」と力を込めた。

 同作は、脚本からキャラクターデザイン、声優業までほとんどを1人で行う蛙男商会代表・FROGMANが手がけるギャグアニメーションムービー。劇中で“高飛車でわがままなお嬢ちゃん”の声をゲスト声優として担当した神田は、役柄に自身の性格を投影。「セリフを読むと、神田うのってこうなんだ、こんなふうに思われてるんだと思って、凄く微妙…」と苦笑いするも、FROGMAN監督からは「役柄と合うか心配でしたがバッチリで。びっくりしました」と太鼓判を押された。

 映画『ハイブリッド刑事』は22日(土)より全国のTOHOシネマズにて期間限定公開。



  1. 2011/01/22(土) 01:55:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

『相棒-劇場版II』がとうとう動員200万人突破!大ヒット御礼で水谷、ミッチーがエロモードに!?.

18日、銀座の丸の内TOEI1で映画『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』大ヒット御礼舞台あいさつが行われ、水谷豊、及川光博、岸部一徳、川原和久、原田龍二、和泉聖治監督ら総勢13人の出演者と監督が登壇した。

 12月23日に初日を迎えて以来、週末興行ランキングでは3週連続首位を獲得。この日は累計動員200万人、累計興収が25億円をそれぞれ突破したことの御礼ということで、劇場には、おなじみの「相棒」メンバー13人がずらりと勢ぞろい。劇場に集まった観客と同じ数になる511本の花(ガーベラ)が用意され、上映終了後、全員にプレゼントされることになった。

 壇上に立った水谷は「このような大ヒット御礼舞台あいさつは、基本的に映画がヒットしないと行われません。多くの方に観ていただいているその結果だと思っております。ただ、映画ばかりは、ふたを開けないと、どれくらいお客さんが入るか分からないはずなのに、公開前から今日のスケジュールはおさえられていました。警視庁特命係、杉下右京です」と本当か嘘かわからないようなジョークであいさつ。さらに及川は撮影の最中からヒットの予感がしていたかと聞かれ、「撮影期間中から毎日のよう感じていました。何だかいけそうな気がする〜」とエロ詩吟を披露!? 会場から大きな拍手が起きると、「拍手しなくていいから!」と照れくさそうな表情になったが、水谷は杉下右京の口調で「君、感じていましたか?」と羞恥プレイで追いうちをかけていた。
 
 そして一般のお客さんに交じって劇場で本作を観たことを告白した水谷は、司会から「どなたと(ご覧に)?」と聞かれ、「あの人と」と何やら色っぽい表現でごまかすなど、この日は終始ご機嫌。そして最後には及川が「まだまだ絶賛公開中なので、映画鑑賞後はお友だち3名にはお勧めしてください。まだまだいけそうな気がする〜」と再びエロ詩吟を披露するなど、終始笑いの絶えない舞台あいさつとなった。

 本作は、現在放送中の「season9」の平均視聴率が19.7%(全11回)を記録する人気刑事ドラマ「相棒」シリーズの劇場版第2弾。警視庁本部内で起こった前代未聞の籠城(ろうじょう)事件に、警視庁特命係の刑事コンビ、杉下右京と神戸尊が挑む。

映画『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』は全国公開中



  1. 2011/01/21(金) 01:54:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

ダイビング

ダイビング http://diving.iinaa.net/

  1. 2011/01/20(木) 22:09:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

多部未華子の描いたムーミンがすご過ぎる!画伯誕生!?.

テレビドラマ「デカワンコ」に主演している女優・多部未華子がウェブ日記に掲載しているムーミンの絵が、その独特のタッチで話題になっている。ムーミンといえばその妖精めいたフォルムで知られているが、多部画のムーミンは……色々な意味ですご過ぎる?

 現在大学に通いながら女優業を続けている多部が、その時々に思ったものをつづったり撮ったりする日記「Tabesha 247」に突然現れたのは、身元不詳の、かわいげというよりは憎らしげな顔をした動物(?)。画像の中にも「ムーミン」という文字が認められるが、日記にもただ一言、「私が描いたムーミン」とあるだけで、どうして描いたかなどの説明は一切されていない。言葉少なな多部の様子を見る限り、どうやら自分の画才を誇るつもりは毛頭ないようだ。

 現在放送中のテレビドラマ「デカワンコ」では、ゴスロリファッションの天然ボケ新人女刑事という破天荒な役柄で民放連続ドラマ初主演を飾っている多部。昨年もテレビドラマ「GM 〜踊れドクター」、三浦春馬と共演した映画『君に届け』で好演を見せ、女優として現在最もノリにのっている一人だ。だが、演技の才能にあふれている一方で、意外なところに欠点アリ? それでもどこか好感を持ててしまうのは、多部の魅力のなせるわざかもしれない。



  1. 2011/01/19(水) 01:54:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
次のページ