動画 アメーバビジョン YouTube Dailymotion

今はやりの動画をいっぱい収集するぜ! アメーバビジョン YouTube Dailymotion

佐藤万葉

佐藤万葉が大人のエロス、着エロの極致に挑戦。新妻の変身。襦袢・ボンデージからブラジル水着など、肌の露出は限界超えの映像満載のLAST DVD。

try4575utyu4575utrfyuer



  1. 2010/10/31(日) 12:24:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

櫻井翔、クランクアップに涙!宮崎あおいと共演の『神様のカルテ』に「悩み続けた1か月半でした」

櫻井翔と宮崎あおいが共演し、本屋大賞第2位の傑作同名ベストセラー小説を映画化した映画『神様のカルテ』がクランクアップし、新鋭の深川栄洋監督から花束をもらい、熱い抱擁を交わした櫻井が、スタッフへのスピーチで涙をにじませた。

 原作の舞台であり、映像的にも見せ場となる美しい長野県松本でクランクアップを迎えた主演の櫻井と宮崎の二人。スタッフへのスピーチでは涙もにじませた櫻井は、「悩みに悩んだ、悩み続けた1か月半でした。何度も何度も皆さんに、たくさん助けていただきました。あおいちゃん、スタッフの皆さん、そして深川監督、僕と、また、一止にずっと寄り添っていただきありがとうございました」と撮影の苦労も吐露し、共演者とスタッフへの感謝を語った。一方の宮崎は「すごくいい現場だったなと。映画を作るということに対して、監督を先頭にみんなで一緒に走ることができました」と悔いのない“完走”となったことを明かした。

 二人はそれぞれ、「ド派手なシーンがあるわけでもないし、劇的な衝撃があるわけでもないですが、監督がつくったキャラクターたちのコントラストがキレイに描かれていくと思うので、人間関係から生まれるドラマを観ていただきたいと思います」(櫻井)、「観た後に気持ちがキレイになるような映画になっていると思うので楽しみにしています」(宮崎)とアピール。『神様のカルテ』にはほかに、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本明などが出演。美しい信州の一地方都市・松本にある小さな病院を舞台に、櫻井演じる栗原一止、宮崎演じる栗原榛名の夫婦を中心に、心温まる物語が紡がれる。

映画『神様のカルテ』は2011年全国公開



  1. 2010/10/30(土) 01:40:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

沖縄

スタイリッシュツアー 沖縄 http://sto.ehoh.net/

沖縄離島

  1. 2010/10/29(金) 01:41:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

釈由美子 「ダイエット地獄」から抜ける方法を説く

釈由美子(32)が、25日のブログで、ダイエット地獄から抜け出せない悩みについて回答している。

 昨年『釈ビューティ!』を出版し、ダイエットに悩み拒食過食を繰り返していた過去を赤裸々に告白。今年7月には『釈美スタイル』を出版するなど、現在の自身の健康美にたどり着いた秘訣をまとめている釈は、ダイエット地獄から抜け出せないという悩みへの回答として、「ちょっとぽっちゃりしていても、『そんな自分もカワイイわー』と、胸を張って言える女性ならよほど、健康的に問題がない限り何も苦しい思いをして、ダイエットに向かう必要などない」と指摘。

 ここに込められた結論としては、「根底に“自分に自信がない”ということに、尽きるのかもしれません」とのことだ。

 重要なのは、「いま。この瞬間を生きていられることに感謝して 自分の心と体と魂を慈しみ愛してあげながら精一杯、生きていく。その先に、求めていた真の美しさがあるのだと信じています 頑張りすぎちゃう自分の、悲鳴をあげている内なる声に気付いてあげて」と、頑張りすぎず周囲に感謝し、自分を認めることと説く。

 生活については、「食べたいものは我慢せず食べるその分、動く それでも、ジーンズがきつくなったと感じたら甘いものは控える シンプル イズ ベスト」と、「ライフスタイルにして楽しんでしまったら」よいとアドバイスしている。


  1. 2010/10/28(木) 07:19:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フィギュア

フィギュア  コレクション http://www.k-content.com/figia/


  1. 2010/10/27(水) 07:19:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

沖縄旅行

Crystal Tour 沖縄  沖縄旅行・ツアーはクリスタルツアー沖縄旅行

http://crystal.ehoh.net/ 

  1. 2010/10/26(火) 12:27:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

松田聖子、16年ぶり来日デヴィッド・フォスターと共演

全世界でのセールス5億枚、グラミー賞受賞15回を誇る米国の音楽プロデューサー、デヴィッド・フォスター(60)の16年ぶりの来日公演が20日、東京国際フォーラムで行われ、歌手の松田聖子(48)がゲスト出演。フォスターが88年にプロデュースした「抱いて…」で共演した。



  1. 2010/10/22(金) 06:53:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

芸能界引退も!? エリカ様"失踪騒動"でエイベックスの契約は白紙撤回か

"お騒がせ女優"沢尻エリカに、今度は失踪騒動が持ち上がった。身近なスタッフだけでなく、肉親である母・リラさんですら3週間ほど音信不通だという。リラさんはマスコミの取材に対し、娘が体調不良で一時的に入院していたことも明かしている。

 ファンならずとも"エリカ様"の動向は心配だが、舞台裏を知る関係者は「今回の騒動はエイベックスから沢尻に向けての最後通告みたいなものですよ」と、まったく違った見解を示す。

 エイベックスが沢尻の獲得に動き出し、契約も最終段階に来ていたことはすでに報じられているが、ここ1〜2カ月の間に状況が一変。同社の松浦勝人社長ですら沢尻と連絡が取れず、周囲に「もうあの子に関わるのはやめた方がいいかもしれない」とこぼしていたという。

 エイベックスに近い人物も次のように明かす。

「とにかく"女王様"で、コントロールできない。あるスタッフが彼女を自宅マンションに送り届けたそうですが、そのわずか数分後、勝手に自宅を抜け出してタクシーでクラブに出掛けることもあったとか。しかも、クラブでの様子が"泥酔大暴れ"みたいな感じで週刊誌で報道される。どうコントロールしていいか、頭を抱えていました」

 先月2日には決定的な出来事もあった。米CNNの情報サイトのインタビューに英語で応じ、日本の芸能界のシステムを猛批判。2007年の「別に......」騒動後の涙の謝罪についても「絶対したくなかった」と暴露し、世間からバッシングされるハメになったのだ。

「これも彼女が『CNN』という響きだけ聞いて、勝手に受けた仕事。本人は『あんなニュアンスで話していない!』と主張していましたが、時すでに遅しですよ。あれによってエイベックスや同社の後ろ盾の面々も顔をしかめていた。沢尻を獲得することで業界から白い目で見られる可能性も出てきたわけです」(芸能関係者)

 こうしたトラブルが相次ぎ、エイベックスも最近は半ばサジを投げ掛けていた。その矢先の"失踪騒動"。エイベックスにとっては契約交渉を白紙撤回する格好の材料のように見える。このままでは「芸能界引退ということになるのでは?」(同)との声もあるが、果たして......。



  1. 2010/10/20(水) 05:51:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

竹中直人、『ヌードの夜』への出演を脚本も見ずに決めたワケ

15日、現在公開中の映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』でタッグを組んだ石井隆監督と竹中直人が、石井監督作品の特集上映が行われている銀座シネパトスでトークイベントを行った。

 本作は男女のどうにもならない情愛の果ての凶行を描き、独自の世界観が熱狂的支持を集めた石井監督90年代の代表作の一つで、1993年に公開された『ヌードの夜』の主人公・紅次郎(竹中)の新しい物語。10年前に書きあげ、竹中に渡されたままだった脚本が、竹中からの呼びかけにより映画化したもので、前作から17年、企画から10年をかけた渾身(こんしん)の作品だ。

 この日はそんな盟友ともいえる二人が、石井監督1992年の作品で大竹しのぶがヒロインを務める『死んでもいい』の上映前に登場。この作品で竹中はゲイカップルを演じているが「そのときの役づくりは(映画『ブロークバック・マウンテン』の)ヒース・レジャーを参考にしました(笑)」とひょうひょうとした顔でコメント。そのほかにも、いかにも竹中らしいユーモラスなコメントを連発し、会場を盛り上げた。中には「最近共演した栗山千明ちゃんから、『わたし昔、竹中さんの娘役を演じたことがあるんですよ』と言われてびっくりした。よくよく聞いたら過去に石井監督の『GONIN』(1995年)で共演していたんですよね〜」と女優にはあまり関心を持たないことをうかがわせる、ユニークなエピソードも明かしていた。

 そして、『ヌードの夜』に出演した経緯について、竹中は「もともとオレは脚本を読まない。タイトルが『ヌードの夜』で、監督が石井隆さんだったから出演したんです」と説明。さらに「石井監督が劇画作家だったころからファン。石井さんの作品に出演できるだけでうれしい。これからもずっと参加するのが夢です!」と石井監督への熱い思いをさく裂させていた。

 そんな竹中からのリスペクトあふれる言葉を聞いた石井監督は、うれしそうにテレ笑い。そして監督本人はこれまで作り上げた作品群の制作秘話などを淡々と語り、石井作品ファンと思われる、中高年男性が多数を占める観客たちは熱心に聞き入っていた。

 『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』は、石井監督の映画『ヌードの夜』の続編。何でも代行屋を営む紅次郎(竹中)がバーを営む美しい母娘3人の末娘・れん(佐藤寛子)から仕事の依頼を受けたことをきっかけに、完全犯罪に巻き込まれていく。

映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』は銀座シネパトスほか全国公開中
「石井隆特集 名美という名の女」と題した特集上映は銀座シネパトスにて10月21日まで連日21時より上映中



  1. 2010/10/19(火) 01:14:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
次のページ