動画 アメーバビジョン YouTube Dailymotion

今はやりの動画をいっぱい収集するぜ! アメーバビジョン YouTube Dailymotion

<竹内結子>初刑事役「毎日スーツで気持ちがピリッと」 フジSPドラマ「ストロベリーナイト」

女優の竹内結子さん(30)が30日、主演するスペシャルドラマ「ストロベリーナイト」(フジテレビ系)の記者懇親会に出席。共演の武田鉄矢さん(61)、生瀬勝久さん(49)とともに会見した竹内さんは、今回が初めての刑事役で、「毎日スーツで気持ちがピリッとしますね。ここしばらく、のんびりしたキャラクターが多かったので、せりふも専門用語が多くて、まずはハキハキしゃべることから始めました。男性の中で肩ひじ張って生きていく女性の息苦しさとか、突っ張ってる感じをどう出すか意識しています」と役作りについて語った。 

 「ストロベリーナイト」は、映画化もされた小説「武士道シックスティーン」などで知られる誉田哲也さんの同名小説(光文社)が原作。難事件を解決して、ノンキャリアながら異例のスピード出世を遂げた警視庁捜査1課の主任警部補・姫川玲子(竹内さん)が、ある連続殺人事件と、捜査で浮かび上がった「ストロベリーナイト」という言葉に隠された謎の解決に挑む本格サスペンスドラマだ。

 事件の鍵を握る姫川のライバル刑事“ガンテツ”こと勝俣警部補を武田さん、姫川とコンビを組む井岡巡査部長を生瀬さんが演じるほか、姫川を支える部下役で西島秀俊さん、そのほか桐谷健太さん、宇梶剛士さん、林遣都さんが出演。高嶋政宏さん、遠藤憲一さん、渡辺いっけいさん、国仲涼子さん、津川雅彦さん、谷村美月さんら豪華キャストが脇を固める。

 生瀬さんは、初共演という竹内さんについて「きれいですねえ。非常に人間的なキャラクターを演じてらっしゃるんじゃないかな。動きといい表情といい、関西にはいない方なんでね」とデレデレして報道陣を笑わせた。武田さんは「ぼくは姫川が嫌いで嫌いで仕方ない役。とにかく悪い奴は徹底的にたたく。『死ねばいいのに』っていう誰もが心の奥底に隠し持っている部分が、マグマのようにあるんじゃないか」と自身の役柄について語った。

 スペシャルドラマ「ストロベリーナイト」は、フジテレビ系で今秋放送予定


  1. 2010/05/31(月) 00:52:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

三井りあ

三井りあ
人気の筋肉系TV番組に出演し、話題騒然の三井りあが「Marine」レーベルに参戦!! 芯のある涼しげな瞳と、スポーツで鍛えられたスレンダーなボディ・ラインで清楚感に満ちた彼女は、まさに"爽やか癒し系"。セクシーにそしてスポーティーに、南の島で惜しげもなく披露した、TVでは見られない過激なりあちゃんをお届け。





  1. 2010/05/30(日) 02:09:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

0円日本一周美女が雑誌にエッチな写真! 本人「若干いやらしい&やたらムチムチした写真」

旅行で使用するお金は0円! ほぼすべての資金を支援者からいただき、1年をかけて日本一周をする美女をご存知だろうか? その女性は朝倉くみこさんで、ゴーカートよりは大きいが軽自動車よりも小さいミニカーという乗り物に乗って、日本を一周するのだ。

そんな朝倉さんが、週刊誌『フラッシュ』にエッチな写真を掲載しているとして話題を呼んでいる。エッチな写真を載せているのは5月25日に発売された『フラッシュ』で、朝倉さん本人も「若干いやらしい&やたらムチムチした写真です」とブログでコメントしている。

朝倉さんはプロの芸能人でもモデルでもないので、今まで普通の化粧しかしてこなかったため、「普段自分でする化粧と違うので、普段よりちょっと大人っぽい?」と、コメントしている。『フラッシュ』撮影のためにメイクさんに化粧をしてもらったのだろう。

もともと朝倉さんは「美人すぎる」と言われており、確かに素人にしてはかなりの美貌(びぼう)の持ち主。モデルと言ってもおしくない美しい女性だ。そんな女性が1年間も日本一周の旅に出るとあって、インターネット上では大きな話題となっていた。

当初はバイクに乗って日本を一周する予定だったが、途中からミニカーに変更。なかなか興味深い旅になりつつある。スタートはまだだが、近日、いよいよ日本一周の達成に向けてミニカーが出発する。



  1. 2010/05/29(土) 00:35:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『月の恋人』視聴率低迷は「チーリンのせい!?」―中国メディア

フジテレビの“月9”ドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』の第3話がこのほど放送された。しかし、回を追うごとに下がる同作の視聴率に、中国では「チーリンのせい」との声も上がる。新華網などが伝えた。

 同作は木村拓哉と台湾の人気女優、林志玲(リン・チーリン)の共演で、中国でも早くから話題になっており、放送終了後には、チーリンの演技や、同作におけるチーリンの位置づけなど、ファンらによる「品評」が至るところでなされる。

 しかし、同作の視聴率が回を重ねるごとに下がっている原因について、中国では「キムタクとの激しいキスシーンを女性ファンが嫌がった」、「チーリンの身長が高すぎる」、「たどたどしすぎる日本語」などを挙げ、「チーリンのせい」とする「辛口」意見が飛び出している。

 また、同作で篠原涼子らの出番が増えてきたことなどから、「チーリンは視聴率の低迷で、ヒロインの座を篠原涼子や北川景子らに譲らざるを得ないのでは」との危惧(きぐ)も出ており、同作におけるチーリンの「復権」に、期待が高まっている

  1. 2010/05/28(金) 01:12:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

松本さゆき

松本さゆき
松本さゆきの既発DVD「ふわふわプリンセス」「SAYUKI柔らかな夢」に未公開映像を収録したDVDを加えた3枚組BOX! バスト91cm、Gカップを誇る魅惑のボディをたっぷり披露! スペシャルDVDには前2作の未公開秘蔵映像を収録。





  1. 2010/05/25(火) 23:50:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「不吉の前触れ」の噂も、カナダの街で発見された“謎の生物”の死体。

先日、カナダのある街の川辺で、正体不明の奇妙な動物の死体が発見され、欧米のメディアで話題を呼んでいる。その街では半世紀ほど前にも謎の生物の目撃例があったそうで、住民の間では「悪いことが起きる前触れ」と囁かれているという。

カナダ放送局CTVによると、発見されたのはカナダ東部オンタリオ州のキッチナメイクーサイブという街。5月初め、女性看護師2人が川沿いで犬の散歩をしていると、犬が水面に浮かぶ体長30センチほどの謎の生物の死体を発見し、歩道の上に引き揚げてきたという。ただ、そのニオイは臭く、女性たちは写真を撮ったあと川に投げ返したとも、放置していたらなくなったとも伝えられており、2人以外に死体を見た人はいない。  

カナダ紙バンクーバー・サンに掲載された写真を見ると、謎の生物は胴が長い体つきで、どうやら前脚は短い。特徴的なのは、全身が体毛に覆われているにも関わらず、頭部と前脚の先だけ全く毛がないこと。顔立ちは険しく、長めの鋭い牙のようなものがある。

見た目は「カワウソとビーバーが混じった感じ」(カナダ紙トロント・スターより)とも表現されているこの死体。話題を知った街の関係者がコミュニティサイトに写真と情報を掲載したところ、カナダメディアの目に留まり、「欧米や豪州、中国など世界中の報道機関」(CTVより)へと広がったようだ。

また、この街では1940年代頃に同じような目撃例があったそうで、トロント・スター紙では当時を知る街の住人に直撃。当時目撃した人々は謎の生物を「醜いもの」を意味する「omajinaakoos」と呼んだという情報を得ている。

祖父が見たと話す65歳の男性は「(祖父が)謎の生物はビーバーやカワウソを食べると話していたのを覚えている」とコメント。当時の人々はその不気味な姿から「悪い知らせを伝える使者と考えた」そうだ。以降、街では謎の生物の目撃例は1度もなかったそうで、久々に現れた「omajinaakoos」に不安を感じている住民も少なくないのかもしれない。一方で、メディアの注目を集めたことにより「住民の中には、さらにomajinaakoosを見つけようとした」(カナダ紙トロント・サンより)人も現れたが、成果はなかったと伝えられている。

ただ、この死体についてネット上では「水浸しになったクマの子か、カワウソ」(CTVより)と、何らかの動物の変種と見る情報機関やサイトが多い様子。トロント・スター紙では、ひげと足を調べたというニュージーランドの動物学者が「Lontra canadensisと呼ばれる北米に住むカワウソの可能性が一番高い」と語ったという話を紹介している。どうやら正体を探るのはそう難しくなさそうだが、せめて不吉な出来事が起きないことを願いたい。


  1. 2010/05/24(月) 01:27:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モト冬樹 芸能界ナンバーワンのモテ男は女にだらしないだけのサイテー男

言ってること、やってることがいい加減そのもの――。先週、結婚披露パーティーを開いたばかりのモト冬樹(59)のデタラメぶりが次々に暴露されている。由美夫人(49)もこれには仰天だろう。

 まず先週出たのが10年以上前から交際し、昨秋まで男女の関係だったと告白した30代女性。

 続いて発売中の「女性自身」が交際から34年になる“糟糠(そうこう)の妻”のような56歳の女性の暴露話を掲載した。この女性は売れていなかったモトの生活を支え、モトの身内も認めた仲で2度も中絶した。また、乳がんになって左乳房を除去し、生活保護を受けるようになったが、その後もモトは体を求め続け、「おまえは最高だ」と囁いたという。

 モトは女性あしらいが上手で芸能界で一、二を争うモテ男、プレーボーイというイメージが定着している。しかし、実際は単に女を食い物にしている男だ。昨年には「寝ない関係」なんて本まで出してSEX歴を明かしたが、今から思えば、こうなることを見越して予防線を張っていたのだろう。

 浮気性のスケベな男というだけなら罪もない話だが、なんのことはない、外づらがいいエエ格好しい。サイテーの男か。



  1. 2010/05/22(土) 04:34:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

デリヘル京都

デリ+1 プラスワン 京都 http://plusonekyoto.s1.freexy.net/


  1. 2010/05/21(金) 04:34:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

不入り『ゼブラーマン2』の真のテーマは、宗教戦争だった!?

哀川翔主演の『ゼブラーマン 〜ゼブラシティの逆襲〜』(ゼブラーマン2)が不入りである。健闘した前作に比べ、予算もキャストも凝ったにも関わらず、特撮ファンにさえも冷ややかな目で見られている。

 それには大きな理由がある。最近の東映作品に対するファンの無言の抵抗が根底にあるのだ。

 ここ数年の東映のバックには、宗教団体「幸福の科学」があり、アニメなどで莫大な資金が流れ込んでいる。また昨年公開された幸福の科学御用アニメ『仏陀再誕』では、ライバル視している宗教団体Sのトップを揶揄した悪党が登場した。

 本来ニュートラルな立場にあるべきアニメや特撮の制作に、特定の宗教団体の影響がおよぶことは決して良いことではない。そのうち、ゼブラーマンの戦う組織のモデルはSだったとか、ゼブラーマンの「白黒つけるぜ!」という台詞は、幸福の科学のSへの宣戦布告であったとかという都市伝説でも流れるかもしれない。


  1. 2010/05/18(火) 22:44:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:44
次のページ