動画 アメーバビジョン YouTube Dailymotion

今はやりの動画をいっぱい収集するぜ! アメーバビジョン YouTube Dailymotion

綾瀬はるか 最大の武器は"おっぱい"ではなかった!!

1月27日、東京映画記者会(東京中日スポーツなど在京スポーツ7紙の映画担当記者で構成)が選ぶ「第52回ブルーリボン賞」が発表された。主演男優賞は『ディア・ドクター』の笑福亭鶴瓶、そして主演女優賞に輝いたのは『おっぱいバレー』の綾瀬はるかだった。

 『おっぱいバレー』という、なんとも恥ずかしいタイトルを綾瀬が連呼するということで、公開当時にも話題となったこの映画。綾瀬は、「バレーボールの試合に勝てたらおっぱいを見せてあげる!」と生徒に約束してしまう新任の中学教師を演じた。今回の受賞にも「ありがとうおっぱいです!!」とサービスコメント。ちなみに、助演女優賞は同じホリプロ所属の深田恭子が受賞している。『ヤッターマン』でセクシーな悪女・ドロンジョを演じ、肉厚な体つきが話題をさらったフカキョンは「思い切って体を張ったところがよかったのかな。本当にうれしい」とのこと。2009年最高の女優が、芸能界きっての二大巨乳女優というのは、やはりスポーツ新聞の選んだ賞といったところか。

 だが、実際『おっぱいバレー』の興行収入はまったく振るわなかった。昨年もっとも興行成績のよかった青春映画『ROOKIES〜卒業〜』は85億円、同世代の女優である上野樹里主演『のだめカンタービレ最終楽章/前編』は35億円、同じく同世代の榮倉奈々主演の『余命1ヶ月の花嫁』は31億円だったが、『おっぱいバレー』はおよそ5億円。宣伝でも過剰に「おっぱい」という言葉を使用していたが、肝心の「生乳」を拝めるようなセクシーシーンはなかったことが、いまひとつ観客を呼ばなかったと評する声も聞かれた。前年の08年には『僕の彼女はサイボーグ』『ICHI』『ハッピーフライト』など主演作品も多かったが、いずれも大ヒットには至っていない。

 それでも綾瀬の女優としての評価は高く、彼女の起用を望むディレクター、プロデューサーは後を絶たない。

「一般視聴者からの好感度が非常に高いですからね。ビデオリサーチ社が毎年2回行っている、タレントの好感度調査で、09年8月度同率1位に輝いたのはベッキーと天海祐希。以下、女優では仲間由紀恵、上戸彩、松嶋菜々子、黒木瞳、吉永小百合など比較的上の年齢層がランクインしているのですが、綾瀬は11位に入っていた。ところが、彼女と同じ世代で活躍する女優たち、たとえば、上野樹里や戸田恵梨香、宮崎あおい、蒼井優らは20位以内にも入っていないのです」(番組制作ディレクター)

 確かに、CMクイーンの上戸は別にしても、ドラマや映画で活躍中の同世代女優たちはランキング外だ。

「綾瀬にはこれまで、とにかく悪いウワサが立ちませんでした。男女関係での醜聞は、お笑い芸人と交際していたという話が未だにネット上で囁かれる程度で、表立ってスクープされたことはなかった。おまけに、戸田や長澤、上野のように現場でワガママだとか女王様気取りだとかいう話が漏れ伝わることもまったくない。むしろ、綾瀬と一緒に仕事をした人間からは"優等生"だが"天然ボケ"という可愛らしいキャラクター像だと聞きますし、性格が良いコだという話ばかり。売れっ子でここまで嫌われない女優というのも珍しい」(前同)

 00年に第25回 ホリプロタレントスカウトキャラバン審査員特別賞を受賞し、15歳で芸能界デビューした綾瀬。当初は88cmの巨乳を生かしてグラビアアイドルとして活動していた。その頃は現在のようなおっとりキャラではなく、当時仲の良かった小倉優子とバラエティー番組で共演した際に、「ゆうこりんは、グラビアだとすごいセクシーで普段と全然違うの! 唇とかこんなで(と、小倉の顔真似をする)」とまくし立てるなど、今とは違い、おしゃべりで生意気な一面を見せたこともあった。


  1. 2010/01/30(土) 02:47:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

写真グアム

写真グアム http://guam.ehoh.net/

  1. 2010/01/29(金) 02:47:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

映画の興行収入、3年ぶりにプラス 「ROOKIES」が1位

邦画・洋画を合わせた映画興行収入が2009年は前年比5.7%増の約2060億円となり3年ぶりのプラスとなった。日本映画製作者連盟が10年1月28日に発表した。 邦画は前年比1%増の1173億円と2年連続過去最高を記録。洋画も同12.3%増の887億円。映画館の年間入場者数は同5.5%増の1億6929万人。邦画の興行収入1位は「ROOKIES」で85.5億円。洋画は「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の80億円だった。

  1. 2010/01/28(木) 02:47:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

欧米メディアの「中国称賛」、真の狙いはほめ殺し?かつては日本も…―中国紙

2010年1月21日、中国は09年の国内総生産(GDP)成長率も8.7%と高い伸び率を維持し、欧米メディアが「中国の台頭」をこぞって称賛する中、中国紙・広州日報は、これらについて「単なるおだて。日本の二の舞になってはならない」と冷静な姿勢を見せた。中国経済の目覚ましい成長を受け、欧米メディアは「世界は米中両国による『G2』が主導」「日本を抜いて世界第2の経済大国へ」など、その国家主導型の経済発展モデル「北京コンセンサス」への称賛を繰り返すようになった。

  1. 2010/01/27(水) 00:25:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ペット旅行

ペット旅行 http://pettrip.ojaru.jp/

  1. 2010/01/26(火) 00:26:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

写真東京

写真東京 http://kenphototokyo.ehoh.net/

  1. 2010/01/25(月) 00:26:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

国内旅行

国内旅行 http://stylish.karou.jp/

  1. 2010/01/24(日) 00:27:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

「花田家崩壊」の序章をつくった嫁、ハワイ自適生活を送る花田美恵子さんの本性は!?

協会離脱を申し立て、相撲委員会に出馬した貴乃花。その兄で、相撲引退後、飲食店経営を展開し離婚、再婚した若乃花。若い医師と不倫後、部屋を飛び出した母・憲子、そして自ら手塩に掛け育て上げた息子たちのスキャンダルに悩まされ、夫人とも2001年に離婚し、57歳の若さで壮絶死した父・二子山親方。力士が育たず、衰退の一途を辿る貴乃花部屋と共に、呪われているとしか思えない花田家。

  1. 2010/01/21(木) 05:55:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

木村カエラ

木村カエラ





  1. 2010/01/19(火) 07:49:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1
次のページ